共働き家庭の家事リーマンの挑戦状

共働き家庭の夫[カジイヤオ]の家事に対する奮闘の日々綴ります。

家事嫌い夫に家事・育児をするしかない状況にする8の秘訣

ども[カジイヤオ]です。

共働き家庭で、妻と共に仕事と家事を分担して家庭を何とか回してます。

それにしても家事やるのちょっとめんどくさいですよね~。私自身正直これっぽっちもやりたく無いのですが、何かいつの間にか家事やるのが当たり前な状況にちょっと驚いてます。

せっかくなので、家事がまるで出来なかった独身時代から、結婚してソコソコ家事できるようになったキッカケと秘訣をここで紹介したいと思います。

読んで欲しい人々

  • 妻からの家事・育児の圧が強くて戸惑ってる旦那さま。
  • 夫に家事育児を求めるがなかなか理解が得られない奥さま。
  • これから結婚を考えるカップル。

これらの人々の悩みに通じる内容を目指します。

 

今と過去の自分と妻の家事スペック

今と過去の状況(主に仕事と家事スキル)を見てもらえると、どれだけ変わったかが伝わるかもしれません。

【結婚前の私の家事スペック】

 職業  :泡沫サラリーマン
 勤務体系:時間外20〜30時間
 スキル :なし(独身寮住まい)

【現在の私の家事スペック】

 職業  :中堅サラリーマン
 勤務体系:時間外0、土日祝日休み、

     有給休暇20日完全消費
 スキル :食事(朝食)整理整頓、

     掃除、ゴミ捨て、食器洗い、

     洗濯たたみ

【妻のスペック】

 職業  :医療系技師(出産後パート)
 勤務体系:時短勤務、土日出勤
 スキル :家事育児万能

     ただ突発的なのは苦手

 

【子のスペック】

 職業 :幼稚園児(5歳男の子)
 通学体系:0歳から保育園通い、

      今は幼稚園児
 スキル :妖怪部屋散らかし

私の家事育児に目覚めたキッカケ

駄目駄目だった独身時代

独身時代は、会社の賄い付き独身寮暮らしのため、部屋の中はペットボトルと漫画雑誌、衣類の山で混沌としており、ほんと駄目リーマンでした。

キッカケ1 一人暮らしの苦労を知る

 結婚を機会に、妻と私の職場の中間地点である東京都中野区へお引っ越し。

独身寮住まいだった私は、結婚式までのおよそ1ヶ月を一人で新居に住む事になりまして、そこで初めてまともな一人暮らしの生活をはじめました。

掃除・洗い物くらいはできましたが、料理・洗濯・ゴミ捨てはなかなか身につきません。

料理は頑張ってみたが、自分独自の味付けをしたらめっちゃまずく、結局途中から袋ラーメンに食べる辣油をぶっこんで食べてました。(結婚式までに2kg増量)

洗濯は基本干しっぱなし、妻がたまに様子見にきて一緒に畳んでました。

ゴミは、ただ捨てるだけなのに溜め込んでました。生ゴミって溜め込むと臭いっすねー。

 

【秘訣1】強制的一人暮らしで家事の苦労を知る

 

この家事で苦労した経験が、一緒に住み始めた後に家事分担で夫参加のキッカケになりました。

そもそも、一人で家事をこなしてたので、妻の同居で一気に作業量半分以下だから楽になった感じですよ。もう、喜んで皿洗いしてましたね。(我ながらちょろい)

もし同棲を検討しているカップルで、片方が家事経験無しの場合、強制的に家事をする機会を与えた方がいいですね。

キッカケ2 住み始めに家事分担をキチンとする

 二つ目のキッカケは、結婚後一緒に住み始めたら、キチンと家事分断を決めた事ですね。

一応一人暮らしを経験したので、分担には万々歳で同意してます。私の方が仕事忙しいですが、一人暮らしよりマシですしね。

【妻】

  • 料理(買い物、作る)
  • 洗濯メイン(干す・たたむ)
  • 掃除(半々)

【夫】

  • 料理(朝食)
  • 洗い物メイン
  • 洗濯サブ(干す・自分の分だけたたむ)
  • 掃除(半々)
  • ゴミ捨て全般

 こうして見ると今の原型はほとんどこの場で決まってるのがわかります。ただ、ゴミ捨て以外は全てにおいて妻の要望の6割程度の精度しかできてませんね。料理についてはほんと手伝い程度。そこで妻は何度も何度も5歳児を諭すように丁寧に(時には厳しく)指摘してましたが、正直私は半分くらい聞き流してましたね。口出ししたい時はお互いに5回に1回くらいがベストですね。でないと即喧嘩になる。

 

【秘訣2】家事分担は担当割にする。

【秘訣3】相手には60%の精度で良いから任せきる。

【秘訣4】自分がやり方に口出したい時は5回に1回程度にする。

キッカケ3 妻の出産後は実家へ帰らず

妻が妊娠出産で私の希望してた妻の実家へ帰って育児は、妻の「実家は祖母(半ボケ)と母の喧嘩を見たく無いから行きたくない」の一言で却下となりました。

当時私も仕事が忙しかったのですがここが踏ん張りどころだと思い、家事育児を夫婦で頑張る事を話し合い決めました。

 

【秘訣5】妻は実家に帰らず夫は強制的に育児参加にする。

 

実際には、家事はほとんど今まで通りで、私の育児参加が多くなったくらいですね。

そして、育児により家事育児のトータルボリュームが増えたので、家事が出来なかった部分は気になった方がやるという割り切りをするようになりました。

結果、相手を責めないし不満は自分でやるので困る時は、子どもが泣きやまない時くらでしたね。

 

【秘訣6】家事の不満は気になった方がやると割り切る

 

朝は妻夜泣き対応で寝てたいので、夜泣きがひどい時の朝食は自分だけで食べてました。

まだ一人目だったのでほとんど外食しちゃいましたけどね。ミスドのオールファッションハニーを毎朝食べる事が、ストレスMAXだった当時の仕事の癒やしとなったのはここだけの話です。

キッカケ4 妻は土日勤務体系 

妻は子を0歳児で保育園へ入園させるためにパートで復帰しました。

正直、パートをして私の家事育児の負担が増えるくらいなら、専業主婦でも良いと伝えたのですが、「今の仕事のスキルを落としたくない・将来的に持ち家するするなら復帰は早い方がいい・幼稚園は0歳児でしか入れない」というので復帰する事になりました。

結果、仕事をする事で大変ではありますが妻の家事育児にも気分転換になったので、むしろこの面が一番良かった点ですね。専業主婦だと家事育児を全てやる事になりかねますが、最初から共働きだとそうは行きませんですしね。

 

【秘訣7】妻の職場復帰は家事育児の気分転換になる

 

 しかし、私にとって一番のショックは妻の土日勤務が多い事です。土曜日はかならず、日曜日も月2回は半日仕事です。ええ、私の土日はここで完璧に育児に費やす事が確定しました・・・

しかし、逆に育児と真剣に向き合え今となっては良かったと思います。もし土日共に休日の家庭でも、早い内から土日のどちらかを育児不参加の日にすると良いでしょう。

そこは日中まるまるだと育児を手伝うとか言ってる場合じゃ無いですしね。私は子が6ヶ月目の頃からそんな感じです。ぜひ夫にやらせましょう。(仲間欲しい)

 

【秘訣8】土日のどちらかは必ず夫の育児日にする。

 

余談ですが、今は妻の仕事が無い日曜日は私の時間として確保するよう心がけてます。もっと早く気がつけば良かった・・・

 

 

家事できない夫へのエール

こうして自分を見直してみると、最初が肝心だというのが本当に思えます。

これから夫婦生活を始める人は、ぜひ最初は甘い顔をせず相手に何かしら家事を丸ごとやらせましょう。多少下手でもまったくやってないのとやるのではその後の環境の変化の度に見直しするにも協力が得られません。

 

夫の方は余計な事書きやがってと思ってる方もいるかもしれませんね。夫の家事育児の不参加は最初は妻の努力でなんとかなりますが、子が生まれるとそんなの一瞬で崩壊します。私の知人でも、すでに離婚2件、妻愚痴言いまくりの人は数え切れずおります。

やっぱり家事する夫が他にいると隣の庭は青いと言うくらい良く見えますし、比較しちゃいますよね。どうせ不満を言われるのであれば、早い内に家事育児をマスターした方が今後も楽ですし、最悪の結果を迎える事も少なくなりますよ。

貴方は昭和の男性像のごとく家事しない主義を貫きますか?

それもと、パートナーと良好な関係を築きますか?

最初は簡単なことでも良いので何かしら家事を主体的に始めると、周囲の見え方関わり方が変わりますよ。

筋トレや禁煙と同じです。家事育児も良い習慣は早めに身につけましょう。

 

【秘訣再掲】

  1. 強制的一人暮らしで家事の苦労を知る
  2. 家事分担は担当割にする。
  3. 相手には60%の精度で良いから任せきる。
  4. 自分がやり方に口出したい時は5回に1回程度にする。 
  5. 妻は実家に帰らず夫は強制的に育児参加にする。
  6. 妻の職場復帰は家事育児の気分転換になる。
  7. 土日のどちらかは必ず夫の育児日にする。